岡山県岡山市中区竹田54-1

TEL.086-271-8101

岡山市 内科 循環器内科 カテーテル 不整脈 心房細動 狭心症 心筋梗塞 ペースメーカー メタボリックシンドローム 生活習慣病 アブレーション

医院紹介診療時間・アクセススタッフ紹介診療設備紹介

ペースメーカー治療

求人募集 詳しくはコチラ

HOME

業績

携帯電話からも医院情報を確認できます。

Google




WWW を検索
okayama-heart.com
を検索

HOME»  ペースメーカー治療

ペースメーカー治療について

電気刺激を心臓に与え、正常な心拍数に保つ治療です。
ペースメーカーと呼ばれるビスケットくらいの大きさの器械を、鎖骨という骨の下に植え込みます。
リードと呼ばれる電線を心臓内部まで挿入し、ペースメーカーからの電気刺激を心臓に伝えます。
右心室をペーシングすることによって心機能が悪化したり、不整脈の一つである心房細動の発症率が高くなるというデータがあり、できるだけ不要な右室ペーシングを減らすためにⅣ型ペースメーカーが作られました。疾患によっては大きな恩恵があり、当院では患者様の病状に合わせてⅣ型ペースメーカーも使用しています。
また今まではペースメーカーを植え込むとMRI検査を受けることができませんでしたが、平成24年10月から条件付きMRI対応ペースメーカーが使用できるようになりました。今後新規に植え込みが必要となる患者様には大きな恩恵となり、当院でも植え込み可能です。

ペースメーカー治療のメリット(良い点)
心拍数を一定以上に保ち、動悸、めまい、ふらつきなどの徐脈による症状を改善させます。
ペースメーカー治療のデメリット(悪い点)
IH式電磁調理器に近づきすぎるとペースメーカーが誤作動する可能性があり、植込み部位をIH式電磁調理器に近づけすぎないようにして下さい。
なお、携帯電話は15cm以上ペースメーカーから離せば問題なく使用できます。その他、詳細はお問い合わせ下さい。

治療の流れ

局所麻酔薬で麻酔を行い鎖骨の下に切れ込みを入れ、ペースメーカー本体を植え込みます。
リード(1本または2本)を挿入し、本体と接続して傷を縫い合わせます。

上記症状がある方はお気軽に受診して下さい。
手術時間は約40分です。

入院期間は約5日間ですが、通常翌日からは普通に動いて頂けます。また、場合によっては早期退院も可能です。
手術後は半年毎に受診して頂き、電池残量や作動状況の確認が必要です。
数年毎に電池交換の手術が必要です。
他院でペースメーカー植込み手術を受けられた方でも当院で電池交換の手術が可能です。