岡山県岡山市中区竹田54-1

TEL.086-271-8101

岡山市 内科 循環器内科 カテーテル 不整脈 心房細動 狭心症 心筋梗塞 ペースメーカー メタボリックシンドローム 生活習慣病 アブレーション

医院紹介診療時間・アクセススタッフ紹介診療設備紹介

不整脈のカテーテル治療

求人募集 詳しくはコチラ

HOME

業績

携帯電話からも医院情報を確認できます。

Google




WWW を検索
okayama-heart.com
を検索

HOME»  不整脈のカテーテル治療

不整脈について

突然に動悸がしたり脈が飛んだりして、心臓を意識することがありませんか?それが不整脈です。
不整脈とは、脈の打ち方がうまく行かない状態を意味します。
治療をしなくても良いものから、放置すれば脳梗塞、心不全や最悪は命に関わる不整脈まであります。

不整脈の種類
  • 脈が速くなるタイプ(頻脈性不整脈)
    発作性上室性頻拍(急に脈が規則正しく早く打つ)
    心房粗動・心房細動(脈がバラバラに打つ)
    心室頻拍・細動(命に関わる最も危険な不整脈)
  • 脈が遅くなるタイプ(徐脈性不整脈)
    房室ブロック(心臓の中で電気がうまく伝わらないために脈が遅くなる)
    洞不全症候群(洞結節がうまく働かないために脈が遅くなる)
  • 期外収縮
    心房性・心室性期外収縮(電気信号が予定より早く出るために脈が飛ぶ)

不整脈の検査

胸部レントゲン検査、心電図、心エコー検査、ホルター心電図、血液検査、CT検査などを行い、不整脈の原因となる病気が無いかを調べます。

治療法

不整脈を起こす原因(基礎疾患)がある場合は、まず基礎疾患の治療を行います。

抗不整脈剤(不整脈を薬で抑え込みます)。

頻脈性不整脈に対しては、カテーテルを用いた治療(カテーテルアブレーション)を積極的に行います。

徐脈性不整脈で症状がある方は、内服薬では効果が安定しないことが多く、通常ペースメーカー治療を行います。

カテーテルアブレーションとは?

不整脈の原因となる心臓内の悪い部分や余分な電気回路を、高周波を使って焼き切る治療法です。

カテーテルアブレーションのメリット(良い点)
外科手術と異なり、体に傷が残りません。治療後は早期に日常生活が可能となります。
カテーテルアブレーションのデメリット(悪い点)
合併症として、カテーテル検査に伴う穿刺部位の内出血や、心臓からの出血(心タンポナーデ)が生じることが稀(0.5%未満)にあります。

治療の流れ

局所麻酔(全身麻酔ではありません)で行う手術で、不整脈の種類にもよりますが2~3時間程度で終了し、入院期間は2~7日程度です。
太さ1~2mm程度のカテーテルを足の付け根や首の静脈から挿入します。
この治療のメリットは、発作性上室性頻拍では余分な電気回路をカテーテルアブレーションで治療することで、ほぼ完全に治すことができます。
最近では心房細動に対するアブレーションが行われています。心房細動の起源となる左房の4本の肺静脈をカテーテルアブレーションで治療することで、約80~90%の人が治ります。

カテーテルアブレーションは局所麻酔でできる治療ですが、適応も含めて治療に関しては十分な経験のある医師と相談をすることをお薦めします。

当院には不整脈治療、特にカテーテルアブレーションに関して中国四国地方ではトップレベルの治療経験を持つ医師が勤務しております。
不整脈が気になる方や現在治療中で調子が今ひとつ良くない方などは、気軽に受診して頂ければと思います。