午前受付時間9:00~12:30診療時間9:00~12:00 午後受付時間13:30~17:30診療時間14:00~18:00 休診日:日曜・祝日◆急患は24時間受け付けております。 〒703-8251岡山県岡山市中区竹田54-1 TEL:086-271-8101

岡山市 内科 循環器内科 カテーテル 不整脈 心房細動 狭心症 心筋梗塞 ペースメーカー メタボリックシンドローム 生活習慣病 アブレーション 心臓ドック

業績

外来診療

業績

求人案内

HOME»  業績
症例実績
 

血管内カテーテル治療

カテーテルアブレーション

ペースメーカー移植術

岡山ハートクリニックの業績について
 
  • 2018年8月2日~4日
    第27回日本心血管インターベンション治療学会学術集会
    ・副院長 村上 正明が「メディカル一般口演『DES 01』」でコメンテーターを務めました。
    ・副院長 村上 正明が「メディカル一般口演『Scoring/Cutting balloon 01』」で座長を務めました。
    ・内科主任医長 上川 滋が「多枝病変への血行再建はCPXにおけるpeak VO2を改善させる」について発表しました。
    ・当院臨床工学技士が「当クリニックにおけるFFRデバイスの比較検討」について発表しました。
  • 2018年8月
    Heart and Vessels
    ハートリズムセンター長 山地 博介の論文が受理されました。
    Adjunctive Left Anterior Line Ablation Induced Left Atrial Dysfunction and Dyssynchrony in Atrial Fibrillation Ablation
  • 2018年7月14日~15日
    第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会
    ・当院理学療法士が「RPEによる運動処方とCPXによる運動処方の誤差と関連する背景因子の検討」について発表しました。
    ・当院健康運動指導士が「退院時CPX導入前後における当院の外来心臓リハビテーション参加率についての比較・検討」について発表しました。
  • 2018年7月11日~14日
    第65回日本不整脈心電学会学術大会
    ・ハートリズムセンター長 山地 博介が「The Impact of Oral Anticoagulation Therapy for Atrial Fibrillation in Nonagenarian」「Safety and Long-term Efficacy of Atrial Fibrillation Ablation in Octogenarians」「Comparison of Periprocedural Safety between Interrupted and Uninterrupted Oral Anticoagulation Therapy in Patients Who Underwent Atrial Fibrillation Ablation」について 発表しました。
    ・内科医長 東矢 俊一が「The Impact of Oral Anticoagulation Therapy for Atrial Fibrillation in Nonagenarian」「Could Adjunctive Bilateral Inferior Pulmonary Vein Bottom Radiofrequency Ablation after Cryoballoon Ablation for Paroxysmal Atrial Fibrillation Yield Better Outcomes?」について発表しました。
    ・当院臨床工学技士が「心房細動アブレーション術後の心房頻拍に対しEnSite Velocity Precision2.0におけるAuto Map機能が有用であった1例」について発表しました。
  • 2018年6月9日
    第6回Okayama Operating Room Safety (WORSC)
    当院臨床工学技士が「不整脈アブレーション治療における清潔介助業務の現状」について講演しました。
  • 2018年6月8日
    第91回日本超音波医学会
    当院臨床検査技師が「膵神経内分泌腫瘍に合併した肺高血圧症の2症例」について発表しました。(共同演者:ハートリズムセンター長 山地 博介)
  • 2018年6月
    Journal of Cardiovascular Electrophysiology
    山地 博介が論文を発表しました。
    Differences in activated clotting time and initial heparin dosage during atrial fibrillation ablation for patients with edoxaban compared with warfarin.
  • 2018年5月26日~27日
    第28回日本臨床工学会
    当院臨床工学技士が「当クリニックにおけるEPS/Ablation業務の現状と展望」「左房前壁に低電位領域を認め、RFが有効であった一例」について発表しました。
  • 2018年5月20日
    広島県臨床工学技士会学術大会・総会(第10回記念大会)
    当院臨床工学技士が「当クリニックにおけるEPS/Ablation業務の現状と展望」「当クリニックにおけるFFRデバイス比較検討」について発表しました。
  • 2018年3月25日
    第82回日本循環器学会学術集会
    ハートリズムセンター長 山地 博介が
    「Atrial/Supraventricular Arrhythmia(Clinical/Treatment)14」の座長を務めました。

    第82回日本循環器学会学術集会
    内科医長 東矢 俊一が
    「Could Adjunctive Bilateral Inferior Pulmonary Vein Bottom Radiofrequency Ablation after Cryoballoon Ablation for Paroxysmal Atrial Fibrillation Yield Better Outcomes?」「Safety and Efficacy of Non-vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants in Extremely Elderly Patients with Atrial Fibrillation」について発表しました。
  • 2018年3月3日
    岡山心エコー研究会
    当院臨床検査技師が「エコーは見た目が100%! ~心エコーの基本~」について講演しました。
  • 2018年2月27日
    週刊朝日MOOK「手術数でわかるいい病院2018」で当院は心筋焼灼術全国ランキング9位に紹介されています。
  • 2017年12月2日
    第111回日本循環器学会中国地方会
    院長 村上 充が「一般演題 不整脈4」の座長を務めました。
  • 2017年9月17日
    第64回日本不整脈心電学会学術大会
    ハートリズムセンター長 山地 博介が「The Adequate Dosage of Initial Heparin During Atrial Fibrillation Ablation in Patients with Direct Oral Anticoagulants」「Adverse Effect of Left Anterior Line on Left Atrial Function in Patients with Atrial Fibrillation」「Impact of Low Voltage Area Ablation on Outcome for Persistent Atrial Fibrillation」について 発表しました。
  • 2017年9月2日
    第24回日本心血管インターベーション治療学会中国・ 四国地方会
    内科主任医長 上川 滋が「モノレールタイプのFFRカテーテルが有用であった屈曲性病変の 一例」について発表しました。
  • 2017年7月8日
    日本不整脈心電学会カテーテルアブレー ション関連大会2017
    ハートリズムセンター長 山地 博介が「Chaired Poster Session AFL/AF⑥」の座長を務めました。

    日本不整脈心電学会カテーテルアブレーション関連大会2017
    内科医長 東矢 俊一が「左房前壁低電位領域への通電にてAFを根治しえたペースメーカ術後の1例」について発表しました。
  • 2017年7月6日
    第26回日本心血管インターベンション治療学会
    内科主任医長 上川 滋が「CTO患者に対するPCI及びリハビリテーションの考課の検討」について発表しました。
  • 2017年6月30日
    第110回日本循環器学会 中国四国合同地方会
    院長 村上 充が「不整脈2」の 座長を務めました。

    第110回日本循環器学会 中国四国合同地方会
    内科医長 東矢 俊一が「左房前壁低電位領域への通電にてAFを治療しえた一例」について発表しました。
  • 2017年6月22日
    オーストリア ウィーンで開催されたEHRA Europace-cardiostim 2017
    院長 村上 充とハートリズムセンター長 山地 博介が「Impact of low voltage area ablation on outcome of atrial fibrillation ablation」「Impact of left anterior line on left atrial function in patients with atrial fibrillation」について発表しました。
  • 2017年3月19日
    第81回日本循環器学会学術集会
    ハートリズムセンター長 山地 博介がランチ ョンセミナーの講師を務めました。
  • 2017年3月
    Open Heart.
    内科医長 東矢 俊一が論文を発表しました。
    Adjunctive interpulmonary isthmus ablation has no added effects on atrial fibrillation recurrence.
  • 2017年2月18日
    日本不整脈心電学会第9回植込みデバイス関連冬季大会
    内科部長 川村 比呂志が「ペースメーカ管理を主眼に置いた遠隔モニタリング導入の検討」について発表しました。
  • 2017年2月
    J Cardiovasc Pharmacol.
    ハートリズムセンター長 山地 博介が論文を発表しました。
    Safety and Efficacy of Underdosing Non-vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants in Patients Undergoing Catheter Ablation for Atrial Fibrillation.
  • 2016年10月
    Clin Drug Investig.
    ハートリズムセンター長 山地 博介が論文を発表しました。
    Adequate Initial Heparin Dosage for Atrial Fibrillation Ablation in Patients Receiving Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants.
  • 2016年8月2日
    理事長 日名 一誠とハートリズムセンター長山地 博介がBest Doctors in Japan 2016-2017に選出されました。  
  • 2016年7月15日
    副院長 村上正明が BSジャパン 教えてドクターに出演します。 
  • 2016年2月3日
    週刊朝日MOOK「手術数でわかるいい病院2016」で当院は心筋焼灼術全国ランキング6位に紹介されています。
  • 2016年2月1日
    副院長 村上正明が山陽新聞メディカ に掲載されました。
TOP